ナチュラルが一番心地よい♫その秘密は「1/fゆらぎの法則」でできている

あなたが「なんか、心地いいな〜」と思うときは
どのようなときでしょうか?

じつは、この「心地よいな〜」と感じ、
癒されリラックスするために
「1/fゆらぎ」の法則が必要なのです。

そもそもゆらぎとは?


 

/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)とは、パワー(スペクトル密度)が周波数 f に反比例するゆらぎのこと。ただし f は 0 より大きい、有限な範囲をとるものとする。

ピンクノイズはこの1/fゆらぎを持つノイズであり、1/fノイズとも呼ばれる。自然現象においても見ることができ[1]、具体例としては人の心拍の間隔、ろうそくの炎の揺れ方、電車の揺れ、小川のせせらぐ音、の動き方、木漏れ日の光り方などがある。また物性的には、金属の抵抗、ネットワーク情報流が例として挙げられる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木漏れ日の光
ロウソクの炎
小鳥のさえずりや小川のせせらぐの音

万物は常に揺れている。
ヨガやアーユルヴェーダでも言われていることです。

一定のようで常に不規則に揺らいでいるからこそ、
「心地良いな〜」「癒されるな〜」と感じるには
穏やかに変化する不規則さ「1/fゆらぎ」が必要なのです。

自然の中で感じるそよ風が心地よく感じるのも
一定でない穏やかなゆらぎがあるから。

わたしたち人間も揺らいでいる


「1/fゆらぎ」は自然界だけではなく、
生体リズムとも同じと言われています。

また、心拍のリズムも体温も呼吸や脳波も
「1/fゆらぎ」をしていると言われています。

マットの上でもアーサナ(ポーズ)を保持しているとき
パッと見た感じは、静止しているように見えませんか?

じつは、アーサナー(ポーズ)も
ゆらぎがないと安定しないのです。

ギュッーッと緊張して力んでいる状態は
不安定でアンバランス。

本来稼働するものである
関節もゆらげる状態にしてあげないと

コアな筋肉に力が伝わりませんし、
本来の機能が発揮されません。

ヨガでは常にニュートラルな状態を目指し、探していくのです。

アーサナ(ポーズ)の完成を目指すのが目的ではなくツールであり
その先にある、カラダとココロが安定して快適な状態を目指します。

自然界から「1/fゆらぎ」を学び、
その知性から
わたしたちも自然の一部で
あるということを知り得るのかもしれません。

まとめ


不規則さの中にある「1/fゆらぎ」の法則
わたしたちのカラダもココロも
ナチュラルが一番「心地よい」と
感じるのではないでしょうか。

カラダもココロも人生も全てのものは、
ゆらぎの中でバランスをとり調和を保っている。

だからこそ、無理してしまっても、ブレてもいい。
その振れ幅を少しづつ小さくしていきながら、
あなたにとっての心地良いバランスを見つけましょう。

素敵な1日となるように♡Romi

 

関連記事

PAGE TOP