頑張らなくてもスルッと1ヶ月でスリムになる、魔法の「白湯」

アーユルヴェーダでも積極的に

摂取することをすすめている「白湯」。

そして健康や美容に意識の高いセレブや芸能人なども実践し、

様々な不調が改善するという「レモン白湯」

今回はそんな白湯とレモン白湯をご紹介いたします。

 

あばあちゃんが飲むだけのものじゃない!?白湯の効能は?便秘の解消にも効果大♫

インドの伝統予防医学アーユルヴェーダ では、

もっとも簡単なアーマ・パーチャナの方法として

温かい白湯を飲むことといわれています。

アーマ・パーチャナとは?

アーマ=未消化物や毒素のこと、

パーチャナ=消化させて浄化させること、

アーマ・パーチャナは消化の力(アグニ)を高める

 

白湯の効能はというと

  • 胃腸を温め働きを良くします
  • 水は尿量を増やして毒素の排泄を促します
  • 消化の力(アグニ)を高めます

便秘や冷え性などでお悩みのか方や

起床時のカラダのだるさや重さなども

白湯を継続することで解消します♪

アーユルヴェーダでは、

カパ水(潤滑油)、ピッタ火(消化や代謝)、ヴァータ風(排出など)

の3つの性質のバランスによって

体質が決まると考えます。

白湯はこのバランスを整えてくれます。

そして白湯の熱や水分が腸に

滞った便を押し流し、

食べたものを燃やす力(アグニ)を高め、

余分な脂肪を溜め込みにくくするのです。

1ヶ月継続するとだいたいの方が

2~3キロのダイエットになるでしょう。(個人差はあります)

 

美容にも健康にも良い、レモンの効能は?

 

レモンはアーユルヴェーダでは

消化促進作用、緩下作用、

唾液や消化液の分泌刺激作用があります。

レモンに含まれるポリフェノール「エリオシトリン」に

脂肪の蓄積を抑える効果が

確認されたという報告もあります。

またレモンには美肌に欠かせないビタミンCや

疲労回復を促すクエン酸もたっぷり深まれています。

*エリオシトリン=レモンの皮に多く含まれています。

 

 

 

早速やってみよう!レモン白湯のレシピ

 

◆レシピ◆

  1. やかんに水を入れて蓋をし、火にかける
  2. 沸騰したお湯をカップに200mlほど注ぎ
  3. レモンの絞り汁を5滴ほど加える
  4. そしたら完成〜

*10分沸騰させましょうという場合もありますが、わたしは必要ないと思います。

 

◆飲み方◆

朝起床したら朝食前に飲みましょう

ゆっくり味わうように人肌くらいがベストです!

体温37度というものは最も細胞の代謝が上がる温度だからです♪

(胃腸が弱っている方は、特に熱い白湯は控えてください)

 

 

*ダイエットのために効かせるなら

運動後の1杯は代謝をあげるのに効果的。

 

*レモン白湯は朝のみ、それ以外は白湯で大丈夫です。

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

わたし自身も一年を通して続けているこの習慣。

これからの季節、

どうしても氷の入った冷たいものを手に取りがちに・・・・。

カラダが目覚めたばかりの朝は、

デトックス作用の高いレモンと白湯のダブル効果で

カラダの内側から温め、代謝をUP⬆️

お酒を飲みすぎちゃった、次の日にもおすすめです。

頑張らなくとも、スルっとスリムになっちゃいましょう。

いつも素敵なあなたであるように応援しています♡Romi

関連記事

PAGE TOP