奇跡のオイルと呼ばれているギー(Ghee)を知っていますか?

もう10年ほど前だったでしょうか?
最古の伝承医学と言われるアーユルヴェーダの

ギー(Ghee)の素晴らしさを体験してから、
今に至りますが

近年セレブや芸能人アスリートなど
健康や美容の意識が高い方にも

注目され話題になっているギー(Ghee)を今回はご紹介いたします♪

『奇跡のオイル』と言われる、ギー(Ghee)とは?


「Gheeは動物性油の中でもっとも優れている」
とアーユルヴェーダの古典ではいわれています。

ギー(Ghee)はバターから水分やタンパク質などの一切の
不純物を取り除いた純粋な油のことをいいます。

アーユルヴェーダの古典医学書『チャラカ・サンヒター』ではギーの効能をこのように書いてあります。
「ヴァータ体質の人、ピッタ体質の人、ヴァータ性とピッタ性の病気の人、視力を強くしたいと望んでる人、怪我をした人、やせた人、老人、子供、体力のない人、寿命をのばしたいと望んでる人、太りたい人、子供を欲している人、若々しさを求めている人、消化力、活力、記憶力、知恵、燃焼力、理性、感覚機能の力を高めようとしている人、灼熱感、外傷、火傷によって苦しんでいる人に良い」
とあります。別の章でも無数の効能が書かれています。

参考図書:インドの生命科学アーユルヴェーダ上馬場和夫/西川眞知子箸より

ギー(Ghee)の効能とは?


アーユルヴェーダでは様々な効能が期待されます。
まさに『奇跡のオイル!!』

ざっとまとめると・・・

  • オージャスが高まる(生命エネルギーのもと)
  • すべてのドーシャの鎮静
  • 免疫力のUP
  • アンチエイジング(お肌も脳も)
  • 便秘が解消される
  • ダイエット
  • デトックス
  • 質の良いエネルギー補給
  • 消化力が高まる
  • 炎症を抑える
  • 目の不調改善
  • 不眠の解消

とたくさんの効能が。
では、購入するより、
お得になるギー(Ghee)をつくってみましょう♪

 

意外と簡単に作れちゃう

【ギーの作り方】 


Ghee1

①無塩バターをステンレス製のお鍋で弱火で加熱。
(アルミニウム、テフロンでないもので)

         *発酵無塩バターでもOK

 

Ghee2

②無塩バターが溶け、泡が表面を覆います。
次第に弾けはじめ細かい泡が出はじめ、
だんだんと大きな泡へと変化します。

バターをもたらしてくれた牛や育てた人々すべてに感謝します。
(感謝の想いは、良い波動がGheeに入り込むといわれています)

 

Ghee4

③グツグツと煮えだしたら、触らずに~!
お部屋にすばらしい香りが広がりはじめます☆
泡は表面を覆うか、そこに溜まります。
琥珀色に変わり、弾ける音がなくなったらすぐ火を止めます。不純な固形物など鍋底にたまります。

 

Ghee6

④十分に冷ましてから、布(ガーゼ)またはキッチンペーパーでこし
煮沸したビンへ。この黄金色を目指しましょう!

 

Ghee7

⑤そして、完成~!
ギーは冷暗所に保存で6ヶ月以上持ちます。(注:取り出し用スプーンは清潔なものを使用してくださいね)

出来上がるとやっぱり、かわいいものです♫

 

出来上がりまでの時間や色、
表面を覆う泡の量などは時期により異なります。

牛が何を食べたか、
鍋の種類や火力、気候、材料の量などによって変化します。

満月の日は、より良いエネルギーが入り込む(諸説あり)
といわれているのでGhee(ギー)を満月に作るのも良いでしょう。

ギー(Ghee)が出来上がるまでの過程(香り・音・色)を
五感で楽しみながら作りましょう♪

ギー(Ghee)はどうやって使うの?


このサットバ(純粋性)な食べものであるギー(Ghee)は
通常のバターの代わりにお料理に使ったり
顔や体のマッサージ(乾燥時)など万能に使用できます。

わたしはというとは・・・・・

・お料理に全般、お菓子作り
・寝る前のマッサージ(寒い冬におすすめです)
・まぶた・まつげに塗る、ドライアイなどのとき
・乾燥した際は耳の中に塗るとクリアになります

などなど、とっても万能なオイルです。
過剰な摂取するとカパドーシャが高まるので気をつけましょう。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか?
アーユルヴェーダで『奇跡のオイル』とも
言われるギー(Ghee)は
浄化療法や神聖な儀式でも使われるものです。

ギー(Ghee)をつくる過程から、
あなたの五感を研ぎ澄ませましょう♪

『奇跡のオイル』でキラキラと輝きを
取り戻してはいかがでしょうか?

素敵な1日を♡Romi

 

関連記事

PAGE TOP