「凛とした女性」目指そう!ヨガで猫背を卒業して美しい姿勢を手に入れる

あなたはふと鏡に写ったときの立ち姿。
気づいたら猫背になっていませんか?

あれ?いつのまにか猫背になってるかも…
大丈夫です!気づいた時こそ、チャンスです。

魅力溢れる女性は、
そこにいるだけでも凛とした佇まいで
美しい姿勢をしていますよね?

そして美しい姿勢は、ダンゼン若見えです。
アラフォーから年齢を重ねるごとに、
美しい姿勢を手に入れましょう♫

気がついたら、こんな姿勢になっていませんか?


猫背で背中が丸まっている

現代病とも言われる「スマホ猫背」
肩が内側になることで肩こりや首こりや呼吸の浅さの原因に・・・

お腹を突き出しているような姿勢

年齢を重ねるとともに使われなくなった
体幹(カラダを支持するためのコアな筋肉)の筋力は減少していきます

減少して支えられなくなったカラダ。
いつのまにかぽっこりお腹に・・・

頬杖をついたり脚を組んだりした姿勢で座っている

仕事から解放され、おうちでのリラックスタイム♪
気がゆるんでソファーでテレビを見るときや
食事中などついつい姿勢が崩れていませんか?

現代人は、スマホ、パソコンなどの
影響でいつのまにか猫背になりがち。

姿勢が悪いと首こり、肩こり、腰痛などの原因となり、
進行すると頭痛、倦怠感や睡眠障害を引き起こすことも。

そして肥満も姿勢の悪さが原因ということもあるのです。

悪い姿勢を習慣的にとっていると、
内臓の位置がずれて負担がかかり、

本来の働きをすることができなくなり、
消化不良を起こすこともあります。

あなたはいかがでしょうか?

わたし自身もヨガをする前は、
美しい姿勢とは決して言えませんでした(汗)

20代は便秘やニキビ、冷え性にPMS(生理前緊張症候群)
とたくさん悩まされていたものです。

あなたは知っていますか?
姿勢と体調不良そしてココロへ関係していることを。

まずは現状を知ることが大切です。
次にあなたのカラダをチェックしてみましょう!

あなたのカラダは歪んでいませんか?鏡の前でセルフチェック


では、鏡の前に立ってあなたのカラダをチェックしてみましょう♪

どちらかの肩が上がっていますか?
背骨が歪んでいるのかもしれません。

または、
骨盤が右や左にずれている場合も、
それによって背骨が曲がり肩の片方が上がります。

ウエスト

ウエストのくびれが左右対象でしょうか?
歩くとくるくるとスカートが回って

いつの間にか中心がズレてしまう・・・
そのような時も背骨や骨盤の歪みかもしれません。

股関節

脚の付け根のラインは左右対称でしょうか?
脚の長さは同じでしょうか?
骨盤の歪みかもしれません。

あなたの靴底の減りに偏りはありませんか?
右脚と左脚の長さに差があると片方ばかりに重心がかかるため
偏りが出てきます。

減りが大きい方の脚の長さが
短い可能性があるかもしれません。


あなたのカラダはどうでしたでしょうか?
歪みや姿勢の悪さを発見できたでしょうか。

ヨガで「美しい姿勢」を手に入れよう


歪みや姿勢の悪さに気づいた方は、
姿勢を改善していきましょう♫

まずは、日常の動作の中で立っているとき、
座っているとき、お料理しているとき、
つねにご自身のカラダのバランスを探してみましょう♪

(かかと〜頭頂までが繋がる場所を)

 

 

 

 

 

 

ヨガでは立位の基本姿勢を「ターダーサナ」と言います。
基本中の基本ポーズなのですが、
運動学や解剖学でもターダーサナとほぼ同じ
「解剖学的正位」と呼ばれる体位が基準となっています。

このポーズをはじめてやる方は、
正しいポジションでキープするのが意外と大変なのです。

「こんなにカラダを支えるために筋肉が必要だったなんて・・・」
「意外とキツイ〜〜〜」

カラダの筋肉は使わないと低下します。
ただ「立つ」だけではありません。

重力に拮抗するコアな筋肉をしっかり使うことと、
そして呼吸がしっかりと深く入るところを見つけることがポイントです。

ヨガが終わったあとは、
「なんか身長伸びた気がする・・」
「なんかシャキっとした!」

そんなお声をたくさんいただきます。

このアーサナ(ポーズ)だけでも、
1時間以上の講座ができてしまうくらい深いのです(笑)

まとめ


いかがでしたでしょうか?

魅力ある「凛とした女性」は姿勢も美しいもの。

ヨガを継続することで、
自然体でも美しい姿勢になります。

美しい姿勢は、あなたの内側をより
良いエネルギーで満たしてくれ、
自信に満ちイキイキとした美しいあなたになるでしょう。

古いカラダの習慣や癖に戻らないように
カラダにしっかりと落とし込むことが大切です。

あなたの「変わりたい」応援しています♡Romi

 

関連記事

PAGE TOP