日々、忙しく変化する中で自然と調和するバランスを見つける【アーユルヴェーダ】

健康や美容に関心が高く意識の高い方は
聞いたことのある『アーユルヴェーダ』

今回は、生活の中でバランスをとる
ヒントをご紹介いたします。

聞いたことはあるけど・・・

アーユルヴェーダとは?


「なんだか難しそう・・・・」
そう感じる方も多いもの。

まずは理解しようとせずに、
気楽に読んでみてくださいね。

アーユルヴェーダとは?

  1. 存在する全てのものは、五大元素(パンチャマハーブータ)から出来ている。

  2. 五大元素の組み合わせによて、3つの性質(トリドーシャ)に分けられる。

  3. 様々な要因(環境・食事・季節・ライフスタイルなど)によって、そのバランスは常に変動、変化する。

という概念があります。

 

五大元素(パンチャ・マハー・ブータ)とは?わたしたち人間も宇宙もじつは同じ?!


存在する全てのものは、

五大元素(パンチャマハーブータ)から出来ている。

元素

属性

環境

生活

食べ物

カラダ

空間/スペース
無限/可能性

広い

余裕
とりとめがない

こだわらない

種のある物
空洞がある物
軽いもの

鼻腔
口腔
胸腔

自由に動く
変化しやすい
乾燥/軽い
苦い

乾燥
変化

直流
交流

活動的
空想
情報/敏感

葉野菜
乾燥豆類
苦味

神経
循環

情熱的
熱い/鋭い
変化しやすい辛い/臭い

熱い
太陽

勇気
効率
学び

正義
集中

辛味/酸味
熱いもの
油脂
塩味

代謝
消化
酵素

冷たい
湿気/滑らか
塩味/重い

湿気

感情

平和

変化に順応
依存

果物
野菜
みずみずしいもの

体液
リンパ
むくみ

安定
重い/遅い/
硬い/密な
広大/甘い

安定
穏やか

思いやり
頑固
執着

安定
落ち着き

根菜類
大きく密なもの

骨格
筋肉
内臓

3つの性質(トリドーシャ)とは?


五大元素の組み合わせによって、

3つの性質(トリドーシャ)に分けられる。

ヴァータvata・ピッタpitta・カパkaphaで構成されています。

  • ヴァータvataの構成元素は、風と空
  • ピッタpittaの構成元素は、火と水
  • カパkaphaの構成元素は、水と地

 

体内で特定の機能を持っていますが、
この3つドーシャが調和されて働くときのみ、
健康と安寧が得られます。

つまり

ドーシャのバランスが整っている=健康という考えに基づきます。
ドーシャはココロとカラダを理解する上でとても重要です。

なぜなら、自然界や季節、食べるもの、
生まれた気質、交友関係などなどホリスティックに
全て関わりあうもので、
とても繊細に関わり合い
常に変動するものだからです。

日々、自分に対するヨガの実践での
洞察力などが必要になってきます。

 

似たものが似たものを引き寄せる法則が働くので

例えば、

風が強い日にお外で風に当たりすぎると・・・・

  • 髪がパサパサになる
  • お肌は乾燥する
  • 手足が冷える
  • カラダも冷える

というヴァータの性質が高まって症状に出るのです。

そんなときにおすすめのケアをご紹介いたします。

 

おうちで気軽にできる

「ヴァータを鎮静させる」ための方法


このような風の強い日の1日の終わりや
秋〜冬にかけてもヴァータが高まりやすい季節です。
セルフケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

◆ヴァータを鎮静させる方法◆

  • 強い風に当たりすぎない
  • カラダを冷やさない(特に首、手首、足首)
  • 温かく消化の良い食事
  • 一日の終わりにゆっくりとしたバスタイムをとる
  • オイルマッサージ
  • 静寂な時間をもつ

少しだけ、あなた自身に寄り添うことで
カラダは教えてくれるものです。

乾燥の気になる冬には、
コチラのオイルもご参考までに⬇️

https://wakka-yoga.com/ayurveda/ghee/

 

まとめ


いかがでしたでしょうか?
日々、忙しく変化する現代社会の中で

自然と調和するバランスを見つけることができる
「アーユルヴェーダ」

それは、あなたの神聖な内側へ向かう良い練習になるでしょう♪
あなたの「変わりたい」を応援しています♡Romi

 

関連記事

PAGE TOP