わたしについて②ヨガをはじめて4年たった頃のお話【前半】

今回はわたしが28歳か29歳の時に、経験したお話。

ヨガはLife is a Journeyとも表現されますが
「人生は旅である」と感じる出来事です。

当時は、この体験した話をすると女性に
不安や恐怖を与えてしまうと感じて以来
あまり話ていません。

わたし自身、ヨガの学びを通して
理解し消化できるまで時間が必要でした。

なにかしら「生きるヒント」となれば幸いです。
(今回も恥ずかしいのですが…w)
今だからこそ、シェアしようかな〜思います。

◇◆◇長くなるので興味がある方のみ、先をお読みください◇◆◇

過去のボロボロなうつ状態から復活し、
ヨガをはじめて4年ほどたった頃の珍事件!

当時のわたしにとっては、
エクササイズやヘルスケアの延長線にあったヨガ。

ヨガのおかげで心身ともに良い状態を取り戻し、
当時は飲食店の店長を任され、店舗運営の方も
素晴らしい仲間やスタッフに恵まれ順風満帆な時期でした。

ある週末の仕事終わりに、
後輩達と飲みへと。

始発までの時間を仕事の話や恋愛ネタ、雑談などで
とても楽しく過ごしていました。
(いまはこのライフスタイルはできません…汗)

もちろん、次の日も仕事です(笑)

始発電車で帰宅したときの出来事です。
田舎方面に向かう、始発なので乗客は少なく
ひとりふたりの登山客が…という感じ。
↑どこ住んでんだ〜(笑)

ウトウトしたものの、無事に駅に到着。

駅を降りると、まだ薄暗い季節でしたが
早朝はスーッといつも以上に空気が澄んでいて
星も綺麗でとても癒される大好きなひととき。

ホッと安堵したのも束の間…

2〜3分ほど歩いたところで
背後から、誰かが異常な猛ダッシュで
走ってくる足音が…

(えっ???)

と振り返ったと同時に、
ガバッと押し倒され、わたしは地面へと…

(いやいやいやいやいやいや〜w)
(ウソでしょ!!いや、たぶんウソ!!w)

(どうせ、あれでしょ?友達のいたずらでしょ?w)
↑急死に一度のピンチの時は、笑っちゃうタイプのようですw

そして相手の顔が暗がりからチラッと見えた瞬間

(終わった…)

血の気が物凄い速さでサーーっと引き、大きな恐怖と不安に
襲われたのを覚えています。

(この男の人誰???目がヤバイッッ〜

このとき、一度覚悟しました。
わたしは死ぬかもしれない…
わたしの口は塞がれ
カラダの上から物凄い力で道端に押さえつけられ
必死にもがいて抵抗するも
男性の力には到底敵わない…
助けを呼ぶ声も出せない…

(マジか〜っ泣)

とても長い時間
全力で格闘したようにも感じましたが
2分くらいだったのでしょうか?

ふと冷静になったわたし。
↑というより、わたしの感覚が全開になった感じ。

(あれ…ちょっとまって)
(この人は何がしたいのだろう???)
(お金を取られるでもなく…)
(ナイフがでてくるわけでもなく…)
(犯されるわけでもない…)

わたしは、だいぶ疲れてきたので(笑)
抵抗するのをやめようと力を抜き、
塞がれていた口の手が外れた一瞬をつき

わたし:「すこし話そう!!」

わたしの口から勝手にでた言葉。

すると、
相手の男性もハッと我に帰った様子で
ゆっくりと解放してくれました。

ですが、まだ油断大敵と感じたわたしは
歩きながら落ち着かせようと考え、
共に歩きはじめました。

そして、
『なぜこんなことをしたのか?』
冷静に話を聴こうとしたのです。

不思議と迷いはありません。

ふつふつとココロの内側では、
痛めつけられた怒りや恐怖心などの
様々な思考や感情が湧き上がる中で
もちろん、葛藤はありました。

この場からすぐに逃げることや
警察に内緒で通報することも頭では考えていました。

なぜか、選びませんでした。
↑直感・直観的な判断だったのだと思います。

わたし:「なぜ、こんなことをしたの?」

男:「電車の中で見つけてついてきた」

わたし:「はっ?!すごく痛いし、怖いし他の人にも今後絶対しないで!」
↑感覚が解き放たれたわたしは、恐れもなく上から目線で知らない人にタメ口ですw

わたし:「あなたのしたことは、自分勝手!」

わたし:「ものすごく誰かを苦しめること!」

男:「・・・・」

わたし:「どこかで飲んでたの?クスリやってない?」

男:「〇〇で友達と飲んでただけ…」

男:「いろいろ仕事であってムシャクシャして」

男:「飲んだ帰り、電車に乗って気がついたらここに…」

わたし:「ムシャクシャしたからって…」

わたし:「なぜ、ムシャクシャしたの?」

わたし:「友達に相談すればよかったんじゃない?」

男:「できなかった…」

駅のホームに戻りつつ、
話をひたすら聴きました。

わたし自身の身を守るためでもあります。

夜明けと共に、外は明るくなってきました。
睡眠時間はなくなるばかり…
(おうち帰りたいよ〜笑)

後半に続く…

 

関連記事

PAGE TOP